ダイエット

椅子に座ってくびれを作る方法

仕事で長時間椅子に座っている場合、その時間を活用してくびれを作ることが出来るかもしれません。

椅子に座った状態でくびれを作りたい場合には、骨盤クッションを使用する方法があります。骨盤クッションは歪んでしまいがちな骨盤を正しい位置へと導いてくれますし、足を組みにくくなりますので、骨盤が歪むことを防ぐ効果も期待出来ます。骨盤がすでに歪んでいる場合、最初のうちは違和感を感じるかもしれませんが、使用し続けることで骨盤が正しい位置へと戻り、違和感を感じることもなくなります。

誰にも知られること無く、くびれを作りたいという人には、椅子を使ったエクササイズがオススメです。お腹をひねるという動きを気がついた時に行う方法もありますが、その他にも椅子に浅めに座り、手でお尻の横の椅子の縁を掴みます。その状態で膝をくっつけたまま床から足を浮かせるようにします。この時、脚の筋肉を使うのではなく、腹筋を使って脚を持ち上げるように意識すると良いでしょう。そして、脚を上げた状態を数秒キープします。余裕がある場合には膝から下を左右に振るようにすると、腹筋を鍛えることが出来ます。その際、背もたれに背中はつけないようにしましょう。

このようなエクササイズは無理のない範囲で行うようにしましょう。

加圧タイツを履いて寝る