未分類

いずれも一長一短です

レギンスは一世を風靡したとき、毎日履いていました。最初流行ったのは真っ黒のレギンスで、下にレースが付いているものでした。
ワンピース、スカート、時にはショートパンツにもそのレギンスを合わせていました。何でも様になると、当時は大流行でした。
そのうち、レースが無いものや、柄が入ったもの、様々な色のもの、変わり種が続々と登場しました。
レギンスの延長?でトレンカというのも流行りました。指先だけが出ているもの、指先とかかとが出ているもの、です。
トレンカも大流行したのでそれに乗り遅れないようファッションに取り入れました。
一番思い出深かったのは、海外旅行で機内が冷えるので、レギンスを履いていき、そのまま現地に降り立ったときです。奇異な目で見られ、指を指されたこともありました(笑)。
冷房が寒いので現地の観光でも、堂々とレギンス、トレンカを履いて、現地の人達の痛い視線を感じたのが忘れられません。
今ではたまに年配の方がゆったりしたワンピースにレギンスを履いているのを見かけ、懐かしいなぁと思い出します。
管理人のお世話になってるサイト⇒着圧タイツを夜に履くことについて